プロフィール

じゅんこ

  • Author:じゅんこ
  • じつはミセスじゃありません。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
252位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身貴族
21位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<DAY2>
6:30起床。
この日はパッケージツアー。
気合を入れるべく頭をひっつめて7:40出発。
混載車にのって、総統府を車中からみたり、
行天宮、忠烈祠、中正紀念堂をまわったり。

中正紀念堂では、
灼熱の太陽でドロドロなのにも関わらず、
地元のおじいさんから突然、

「ユーアービューティフォー!」

と握手を求められた。
台湾に住むことを一瞬考える。

そしてお茶屋さんで茶芸を見学、
免税店をうろうろして、待望の鼎泰豊!!
…に入る前、日本のテレビ局がロケをしてたんですが、
空腹すぎてぜんぜん視界に入っておらず、
友人に「あの俳優見たことあるよね」と言われ
気づいたときにはすでに出発していたロケバス。

織田裕二だったらどうしよう…!と一瞬不安がよぎりましたが、
世界陸上中だったことを思いだし、安心して小龍包に専念。

おいしーい!

東京の鼎泰豊にもまた行こうっと。
というより、次回は台湾国内で
もっと食べ比べ的な催しをしようっと。

そして故宮博物院へ。
平日だからか、観光客と社会科見学らしき子供がわんさか。
ものすごい広さなのだけど、ものすごい時間がなくて、
とりあえず有名なものだけささっと見学。

1番感動したのは、オリーブの種

縦横2~3センチずつしかない種が一艘の船になっていて、
8人もの酒宴をする人が彫り込まれている上に、
船の扉が開閉式っていう。 すごいなー。

見学後、ガイドさんが親戚のお兄ちゃんみたいな人に交代。
お待ちかねの九分へいく途中、山肌に建物がずらり。
正体がお墓だときいてちょっとゾクっとした。
40分ほどバスに揺られて、九分に到着。

おおおお 千と千尋の景色が目の前に。

九份。

30分間の自由時間に、屋台街を散策。
ガイドさんから「路地入ったら絶対迷子」と釘をさされていたけれど、
やっぱり我慢できず、メインストリートをはずれる。
いってもいっても続く屋台街に興奮しながらも、
時間が迫っていたので探検は途中で断念。

あーあ。

「九戸茶語」でごはんを食べて、士林に戻り解散。
この時点で夜の9時。 まだがんばれる。

というわけで、タクシーで友だちの働く美麗華百楽園(デパート)へ。
閉店(10時)までに地下1階へ来てっとのことで、
バタバタとエスカレーターをおりていたら、
社員らしきスーツ姿の男性が近寄ってくるのが視界に入る。

ひー! 捕まる!

とおもったら、友だちでした。
ポケットから差し出されたのは、観覧車のチケット。

このナイスガイめっ

台湾の夜景、きれいだったなー。 明るすぎず暗すぎず。
あと、台湾はどこへいってもなにかが懐かしい。
昔の新宿に似ているんだな。 たぶん。

観覧車より。

そして、仕事のおわった友だち(&同僚)と士林夜市へ!
もりもり食べるぞーっと意気込んでったわりに、
夜も12時をまわっていたので、
骨付きフライドチキンしか入らなかった。
というか食べてたのあたしだけだった。(内緒)

運動がてら夜市をぶらぶら見て、
最終的にチョッパーの指人形を指にはめながら歩いていると、
友だちが「かき氷たべる?」

うん、たべる(即答)

「辛發亭」というお店で、念願のマンゴーかき氷。
日本人には抹茶あずきが人気らしいので、次回は抹茶あずきで。

夜も1時をまわり、お店が一斉に閉まりだしたので、
彼らは原付で家路へ。
我々はタクシーでホテルへ。

最終日につづく。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://paloma.blog10.fc2.com/tb.php/356-af175c40
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。